Ragnarokにおける出来事を気が向くままに語るサイト
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゲフェニアに住む魔
2005-12-08 Thu 02:51
screenfenrir079.jpg
はい。というわけでゲフェニア特攻第二弾・・・だったんですが、返り討ちにあいました。Lvが足りない、というのもあるとは思うんですが、上手くやれば狩れない事はないと思うので、色々試行錯誤・・・

・武器
 一回目はクリ剣、今回は偽天使用に小型特化で行った。小型特化にした理由は、コンセが5になったので使用すれば大体の敵に当たる為と、一回目に偽天使が残り気味だったので前衛で削り落とそうと判断したからである。

感想
メリット :偽天使、ミニデモ集団へのダメージ量が増加
デメリット:コンセ常時はSPがきつい
      コンセ状態だとDEFが下がる為被ダメ増加
      他の敵へのダメージ量が減少

結論としては前衛の第一意義として耐えるという仕事があるので、SPはパリィに回すべき。となるとコンセなしでも削れるクリ剣が良い。

・防具
 今回は闇鎧ではなく不運のメイルを装備。闇属性攻撃はそれほどないだろうし、被弾数が多い為カウンター呪いによって被ダメを減少できないかと考えたからだ。・・・これが失敗だった。デビルチ、ミニデモの闇JTによるノックバックが非常に厄介。♯で殲滅しようとしてもこれにより敵がばらけて上手くいかなかったり、タゲが移ったり、追加の敵を呼び込んだり・・・・鎧は闇が良いようだ。

・立ち回り
 これが一番難しい・・・。一番重要なのは、MHに踏み込まない事、各個撃破の状況を出来るだけ作ることだろう。遠距離から攻撃してくるヴァイオリーへはうかつに斬りかかるべきではない。また、囲まれる前に一旦引くという手段を常に頭に置いておくべきだろう。

・戦闘
 前衛の仕事は、接近してくる敵のタゲ取り、プロボによる後衛火力の増加、殲滅補助、出来るだけ被弾を抑え耐える事あたりだろう。
>タゲ
 サキュ・インキュは接近により、偽天使はプロボでタゲが取れるため、視認できていれば問題はない。ミニデモ・ヴァイオリーははじめに狙った敵からなかなか離れないようなので、はじめにタゲられるように動くしかないか。
>プロボ
 深淵は最優先。偽天使はタゲ取りのため必須。ヴァイオリーは倒す順番に合わせてプロボしたほうが被ダメを抑えられるか。ニュマが欲しいところだが、自分に張り付いた敵を自力でスムーズに倒せるようになるまでは、弓が無効化される可能性のデメリットのほうが大きいかもしれない。
>殲滅補助
 BBは余り使うべきでない。通常攻撃+場合によってはコンセを使い一匹ずつ削っていくべき。余裕があれば♯の範囲に敵を纏める。
>被弾
 パリィのLvが上がり持続時間が延びたら常時展開しておきたいところだが、まだまだ先に話。よってMH時に展開する。ACはヴァイオリーが少なければ絡めていっても大丈夫な気はする。あと、ついBBを撃ってしまうのだが、ミニデモの取り巻きを落とす以外には撃たないほうが良いかも。BB体制だとDEFが結構落ちる・・・。


アスムと後衛火力のお陰で、MHに踏み込みさえしなければ狩れる。。。ということは、全滅の原因は索敵段階での立ち回りによるところが大きい。耐えられる限界の量を見抜いてやばくなる前に一歩引く・・・という事が出来るようになるのが、前衛としての第一歩ですな・・・orz
突っ込んでBB殲滅・♯殲滅、という無茶が効く狩場が多いのですが、ゲフェニアにおいては突っ込むのはNGみたいです。
スポンサーサイト
別窓 | 微Cri両手LK | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Blog再編 | Let It Be ! in Ragnarok | 古城2Fって美味しい?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Let It Be ! in Ragnarok |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。